home > 総合案内 > 診療実績

全国がん登録(2016年1月1日〜2016年12月31日分)


※「全国がん登録」とは
  2016年1月より『がん登録等の推進に関する法律』に基づいて、全国の医療機関ががんと診断された人のデータを都道府県に提出し、国が1つにまとめ集計・分析・管理する制度です。

合計数:298件




  男女別にみると
  男性210名(70%)・女性88
  名(30%)

  となり、男性の登録件数が
  多い。

  2013年香川県の登録件数は
  男性4,100名(58%)
  女性2,954名(42%)
  と同様に男性が多い。





男性をがんの部位別にみると

第1位:前立腺(40%)
第2位:S状結腸・直腸(24%)
第3位:膀胱(23%)となっている。

2013年香川県における男性部位別登録件数によると

第1位:胃・大腸(53%)
第2位:気管・肺(18%)
第3位:前立腺(14%)となっている。





女性をがんの部位別にみると

第1位:胃・直腸・S状結腸(63%)と全体の大半を占めている。

2013年香川県における女性部位別登録件数によると

第1位:胃・大腸(44%)
第2位:乳房(17%)
第3位:子宮・卵巣(13%)となっている。









 胃・大腸等消化器系は男女を比較してもあまり差は見られないが前立腺・精巣・腎・膀胱等泌尿器系は圧倒的に男性の割合が高い。









年齢別にみると、60歳代〜80歳代が多く登録されている。

2013年香川県における年齢階級別罹患率(人口10万対)によると
50歳代 1,115.6
60歳代 2,330.3
70歳代 3,877.6
80歳代 4,193.9
と高齢になるにつれ罹患率も上がる。




60〜80歳代をがんの部位別にみると
男性(総数:190名)
第1位:前立腺…77名
第2位:膀胱 …16名
第3位:肺  …11名
となっている。

女性(総数:69名)
第1位:直腸  …8名
第2位:胃   …7名
    S状結腸…7名
    肺   …7名
となっている。



※参考データ
国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター
 全国がん罹患モニタリング集計 2013年罹患数・率報告



▲このページトップへ