home > 総合案内 > 診療実績

化学療法


 化学療法とは、”がん”の特性に合わせた薬剤(注射薬や内服薬)を使用することによって、がん細胞の分裂・増殖を抑える治療となります。
 以下におきましては、当院で実施された化学療法の内、注射薬で行われた化学療法のみを集計しております。







 近年、新薬等の開発・進歩により化学療法の需要は高まっており当院においても実施件数は増加傾向にあります。












 最善の環境で治療を受けていただく事を第一に考え、安全性の観点から入院での治療を勧めております。その影響もあり、平成26年度以降は外来実施件数を入院実施件数が上回っております。










 当院では、腎・膀胱がんや前立腺がんの罹患率が、がん罹患者全体の中で最も高く、手術も積極的に行われております。そのため、術後の化学療法を含め、泌尿器・前立腺に対する実施件数が最も多くなっております。









 全体的に60歳代への実施件数が最も多く次いで70歳代・80歳代となっております。








▲このページトップへ