home > 総合案内 > 診療科目 > 緩和ケア科

総合案内

緩和ケア科(緩和ケア病棟)

新病棟完成に合わせて7階に20床の緩和ケア病棟を開設しました。余命の限られた癌終末期の患者様を対象に、症状を緩和し自律と尊厳のある終末期を過ごしていただけますように治療と援助をおこなっています。平成27年11月の開設後、平成30年10月までの3年間にのべ383人の患者様に入院していただけました。(ただし、当院の診療体制の現状から、血液疾患と頭頸部疾患については受け入れていません。)
 病棟見学と入院相談については随時受け付けています(要予約)。また、終末期患者様の在宅診療については複数の診療所と連携しています。

※緩和ケア病棟入院基準

※緩和ケア病棟パンフレット


 病棟責任者

(部長) 見市 昇(みいち のぼる):1981年 医師免許

主な資格
  • 日本外科学会指導医・専門医
  • 日本消化器病学会指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本緩和医療学会PEACE指導者
  • 感染コントロールドクター(ICD)
  • 検診マンモグラフィ読影認定医
  • 労働衛生コンサルタント
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士


緩和ケア認定看護師  石垣 由加里

 認定看護師として働くようになり、私がいつも心がけていることは、病気になり入院生活を余儀なくされたとしても、医療者の手を借りなくては生活できなくなったとしても、患者様自身が存在価値を見出せるように関わることです。病棟では患者様や家族の苦痛にきちんと向き合って、支援することができるように日々スタッフで話し合いを行っています。

▲このページトップへ